is_front_page()

【4/24出演 tetra】Open String Department / capture(中村勇治, 藤井マサカズ, 調原作) | art space tetra

nakamurayuji

4/24はart space tetraに出演いたします。

そしてなんと、オリジナル曲をやります!
とはいえ、即興演奏主体ではあります。
曲をやろうと思った時、ベースの音がほしいと思い、調くんに参加してもらうことにしました。
彼とは随分久しぶりなので楽しみ。
そして、フロントは藤井くんと僕とで暴れたり、僕はスピリチュアルな場面を創ったりしようかと思っています。
できれば、3人でユニゾンなども。

メインは Open String Department というノルウェーのブルーグラスを演奏する3人組アコースティックバンドだそうです。
彼らの動画を観た時に曲をやろうと思いつきました。
彼らの演奏も楽しみです。

彼らの動画です。

予約不要と思います。
お時間ある方はぜひお越し下さい。
よろしくお願いします!!

OSD2-thumb
——
Open String Department
出演:Open String Department (from Norway) / capture (中村勇治, 藤井マサカズ, 調原作)
日時:2016年4月24日(日)
時間:19:00 開場 / 19:30 開演
料金:1500円(1ドリンク込)
場所:art space tetra(福岡市博多区須崎町 2-15)

Open String Department
何故か、ノルウェー人なのにブルーグラスを演奏する3人組アコースティックバンド。ただし、それはオーソドックスなブルーグラスとも違います。彼らはトロンハイムの音楽大学でジャズを学んだ後、アメリカンルーツミュージックを探求するためアメリカ南部を旅し、数え切れないほどのキャンプファイヤーや駐車場でのパーティーで演奏を積んできたという経験の持ち主。そして、ジャズとブルーグラスを足して割ってプラス・アルファーのような、彼ら独自の即興音楽を作り上げました。
単なる牧歌的なフォークミュージックと思ったら大間違い。彼らの勇気に溢れた演奏を、ぜひその眼と耳で確かめてみてください。

Magnus Wiik ー banjo,dobro,mandolin and guitar
Espen Bjarnar ー guitar
Aksel Jensen ー bass

capture :中村勇治(sax,b-cl)、藤井マサカズ(sax)、調原作(contrabass)

CD:capture On Sales (to Amazon)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)