is_front_page()

【2/14出演情報】Phillipe Beer Garbel / capture / 諸岡光男 / 坂口壱彦 (art space tetra)

nakamurayuji

スクリーンショット 2015-02-08 19.36.32

2/14もcapture名義で、art space tetraに出演します。
今回は色々遊んでみようかと思っております。

メインアクトは、Philippe Beer Gabelというアーチストです。
同じイベントに出演するのは久しぶりの諸岡くん、そして、パフォーマンス自体が久しぶりの坂口さん、のお二人のパフォーマンスもすごく楽しみです。

よろしくお願いします。

(下記情報はテトラのサイトからコピーペーストしております)
—–
Philippe Beer Gabel
出演:Phillipe Beer Garbel / capture / 諸岡光男 / 坂口壱彦
日時:2015年2月14日(土)
19:00 開場 / 19:30 開演
料金:1500 円(1ドリンク込)
art space tetra

Philippe Beer Gabel | Philippe Beer Gabel | art space tetra

Philippe Beer Gabel
パリ生まれのフランス人。カンテレ奏者。カンテレはフィンランドの民族楽器で琴のような撥弦楽器。弦の本数は5弦から39弦まで様々あるが、Gabel は38弦タイプのビッグカンテレを使う。
General Bye Bye や Château Nowhere といったバンドにおいて、これまで 3枚のアルバムと 3枚の EP を発表。
2013年からソロ活動を開始。近年では、写真や映像とカンテレ、声、チベタン・シンギングボウル、いくつかのマレット楽器等との統合に焦点を当てている。
また、ヨガのインストラクターでもある。
http://beer-gabel.com

capture :
中村勇治 (soprano saxophone, bass clarinet) / 越出健治 (sounds) / 福田康紀 (guitar)
captureは中村勇治が毎回メンバーをセレクトするユニット。
http://capture.nakamurayuji.com/

諸岡光男
2006年頃よりブラウン管テレビを用いた音/光(映像)を使用した演奏を始める。近年ではプログラム/センサーを用いて、物の動き・光・音を繋げるパフォーマンスを行っている。art space tetraメンバー。
http://morookamitsuo.com/wp/

坂口壱彦
えらく久々の人前での演奏。昔作った改造ギターもどきでも弾こうかと思っとります。

/////

CD:capture On Sales (to Amazon)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)